車の売り方に悩む

どうも茨城に住むショウゴです。

前回、メルカリやヤフオクを使った個人売買は大変そうという話をしました。

個人間でトラブルでも起こってしまったら目も当てられないですからね・・。

車を売る方法を改めて調べてみましたが、「個人売買」「下取り」「買取店へ売却」などがありました。買取店への売却に関しては、さらに「買取店への持ち込み」「一括査定」などの方法がありますね。

この中で最も一般的なのはやはりディーラー下取り、次点でガリバーなどの買取店への持ち込みといったところでしょうか。

この中から車の売却方法を検討していくわけですが、まず高額で売りたい時点で下取りの選択肢ってかなり薄くなってしまうんですよね。

買取店の方が販路が広かったり、輸入車など特定の車の販売が得意だったりすることが多く、高額の査定に繋がる可能性が高いからです。

また、高額査定を狙うコツとして良く言われているのは、複数の業者から査定を取ることです。買取店ごとに持っている販売ルートや強みが異なるので、同じ条件の車でも異なった査定額になることは良くあるみたいなんです。

そうなると買取専門店を訪ね回るか、一括査定で一気に見積もりを取るかのどちらかが有力になってくるのですが、後はどちらが良いかですね。

一括査定は便利ですが、一度に多数の業者の相手をしなければいけないので、気を付けないと大混乱が発生しそうです。

買取専門店を訪ね回る場合は混乱はしなそうですが、手間がかなりかかりますよね。有名なところはガリバー、アップル、ラビットなどですが、地域によっては近くにガリバーしかないということもありそうですし。

ここまで考えてみましたが、最終的には自分がどっちの手間を我慢できるかというところに落ち着くんですかね・・。

車を売るのは考えることが多くて難しいです。

カテゴリー: 未分類